MENU

下肢静脈瘤・日帰り手術のプロフェッショナルのラ・ヴィータ統合医療クリニック下肢静脈瘤・日帰り手術のプロフェッショナル
医療法人ふじいやさか
ラ・ヴィータ統合医療クリニック

06-6203-1180 下肢静脈瘤・日帰り手術のお問い合わせお問合せ 下肢静脈瘤・日帰り手術のプロフェッショナルのラ・ヴィータ統合医療クリニックのfacebookfacebook
下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の本質

日帰り手術と健康度を上げる術後ケア

1. 下肢静脈瘤が起こる原因と症状

下肢静脈瘤が起こる原因と症状

足の血管がボコボコと浮き出ている状態
「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」

足(下肢)の静脈は重力に逆らって心臓に戻る必要があり、血液が心臓に戻るための逆流を防ぐ静脈弁があります。この弁の働きが悪くなってしまうと逆流が起き、太い静脈が詰まった場合、静脈圧が高くなります。このような理由で、皮膚に近い部分の静脈が太く長く膨らんでくるのが下肢静脈瘤です。このような弁の機能障害は、立ち時間が多いことや、加齢、妊娠、便秘、遺伝的な因子によって引き起こされます。また、筋肉が常に収縮し緊張していることも下肢静脈瘤になる原因となります。
下肢静脈瘤の症状としては、軽度のものでは、重苦しい感じ、だるさ、痛み、むくみなどの症状があらわれます。美容上の観点から気にされる方もいらっしゃいます。さらに症状が強くなると、皮膚に変化が生じ、色素沈着、皮膚硬結、血栓性静脈炎、皮膚潰瘍まで多くの症状があります。悪化する前に受診することをお勧めします。

2. 下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の種類

伏在型・側枝型・網目状・クモの巣状の4種類

伏在型:足の最も太い表在静脈である大伏在静脈、小伏在静脈に形成される静脈瘤で、多くの方(約70~80%)がこのタイプになります。

側枝型:伏在静脈から枝分かれした静脈で、さらに分岐した先にある枝の一部が膨らみ、静脈瘤になったものです。主に、ふくらはぎの部位にできることが多いのですが、伏在型に比べるとやや細めで範囲が狭く、症状も軽い場合が多いです。

網目状:皮下の浅いところにある細い静脈(皮下静脈:直径約2mm)が拡張してできた静脈瘤です。青色に浮き上がってみえるのが特徴です。網の目状に見えるのが特徴です。血管の隆起(ボコボコ)はありません。

クモの巣状:皮膚に近くとても細い静脈(真皮内静脈:直径1mm以下)が拡張してできた静脈瘤です。
血管がクモの巣のように放射状に広がって見えるのが特徴です。網目状と同様に血管の隆起(ボコボコ)はありません。

3. 下肢静脈瘤の発症率

下肢静脈瘤の発症率

下肢静脈瘤は40歳以上に多く、60歳以上では72%

加齢による影響を受けやすい疾患です。足の筋肉は血液が重力に逆らって心臓に戻ることを補助していますが、加齢と共に筋肉量は低下し、筋ポンプ作用も減少していくので下肢静脈瘤ができやすくなります。また、男女比で見ると女性は男性の3倍発症すると言われています。女性はもともと筋肉量が男性より少なめなので、前述した筋ポンプ作用が弱いことと、妊娠・出産の影響だと考えられます。妊娠時は血液量が通常の4~5割増加しており、全ての静脈が拡張されやすい状態となります。
特に心臓より下にあって重力の影響を受けやすい足は静脈瘤ができやすい状態が数か月続きます。さらには胎児の成長に伴い、子宮が大きくなると骨盤内の静脈が次第に圧迫され、血流が悪化しやすくなり、静脈瘤を発症しやすくなります。遺伝的影響の発症率は、両親ともが下肢静脈瘤を持っていると、その子供に遺伝する割合は90%と言われています。両親のどちらか一方が持っている場合は、その子供が男性であれば25%、女性なら60%です。

4. 下肢静脈瘤の病期進行度

下肢静脈瘤の病期進行度

C4(第四段階)以上の方には治療をお勧めします

  • C1(第一段階):まだ静脈の膨らみはない、皮膚表面に近い毛細血管や網目状の静脈瘤です。
  • C2(第二段階):静脈の膨らみが目立ってきた状態です。
  • C3(第三段階):静脈の膨らみがひどくなった状態です。
  • C4(第四段階):浮腫に加え、湿疹や色素沈着などが出ます。
  • C6(第六段階):浮腫に加え、皮膚のただれ、欠損などの皮膚潰瘍が見られる状態で、潰瘍が治ればC5(第五段階)と判定されます。

5. プライマリーウォーキング®で防ぐ!

プライマリーウォーキング

血流が改善する歩き方

プライマリーウォーキングは、血流が改善することにより様々な症状の改善がみられ、健康的な体を手にいれるための最も効率的な体の使い方といえます。
血管、リンパ管は全身を巡り、栄養、酸素などを与え、老廃物を回収します。
そのどこかに滞りができると、その部分に問題が発生し、機能の低下、病気を引き起こしてしまいます。 プライマリーウォーキングで骨格を整えることで血管、リンパ管が整い、氣の流れがスムースになり体が健康な状態に向かいます。
それにより自然治癒力を発揮できるようになり、アンチエイジングにもつながります。
特に、下肢静脈瘤の原因としても姿勢の影響はあると思われます。
プライマリーウォーキングを習得し健康的な体を手に入れましょう。

下肢静脈瘤下肢静脈瘤

トップへ戻る